« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/17

三匹の猫

高速長距離バス紀行 第2話
まず始めにプロローグをお読み下さい。

寒い1月の空の下
東京から広島に向かいバスに乗った。
とあるサービスエリアで最初の休憩。
ジャケットを羽織り夜のコンビニで買い物を済ませトイレに向かう。
気が付くと、後ろを私の顔を凝視しながら3匹の猫が付いてくる。
手に持っているコンビニの買い物がお目当てなのだが
その目は鋭く一歩も引く意志は無い。

余りに強い意志を向けられると
何故だか自分の気持ちの中に拒否反応が生まれる。
普段であればそれを感じる前に
生に対して正面から接する事ができると自分で思っていたのだが
この猫たちの意志の強さに私は竦んでしまった。
自分の今までが身勝手な同情や慈愛の気持ちだった事に気が付かされた。

::すれ違う::Canon EOS20D::渋谷ランドマークシティ

人気blogランキングに投票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/15

Tokyo32

ニッポンの首都東京へもう何回行っただろう
その度に撮った写真をまとめてみました。
タイトル「Tokyo32」
フル画面でご覧になりたい方は
・flickr Tokyo32
・フォト蔵 Tokyo32



人気blogランキングに投票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/13

人格まっぷたつ

まず始めにプロローグをお読み下さい

バスに乗ると横4列の席である。
車中には旅行に向かうカップルや
帰省に向かうパジャマ姿の若い女性、
出張のスーツ姿から外国人旅行者と様々である。
カップルや家族の様にまとまらなければ
その4列に席順を選べるわけでもない。
私は東京へ向かうバスに乗り込んだが運悪く窓際だった。
元々バスは車であって家ではない。
その為鉄板の外装と薄っぺらい内装でできた空間といっていい
冬の寒い時期にこの空間に押し込められると
窓側半分の位置で、窓からの冷気と車内暖房とのせめぎ合いが起こるのである。
どちらに寄ることも出来ず眠れない状態が続きながらふと思う。

合間見れない事が自分の中に有ることは本当に不快だ。
どっちに偏ることも出来ず、結論も出せない。
きっと自分がどうしようもなく嫌になってる時というのは
こんな事が気持ちの中で別れて居るのでは無いだろうか。
快適になろうと思えばそれはどちらも解決させて自分で理解すればいい。
それが出来ればいいのだが今のように肩をずらすことも出来無ないのと
一緒で私は不器用であると気が付く。
不器用なほど「余裕」が必要で普段から自分に無理が来ないように
防衛ラインを張り巡らせることになるのだ。
しかしそれをやり続けていては自分だけの世界に入っていくしかないのである。
少しはこの人を割られた様な状況に耐えながら感じ
そして考える事も必要と感じたのである。


人気blogランキングに投票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長距離高速バス内紀行 - プロローグ

その昔、都市間交通手段は限られ多くの時間と多くの人々と顔を合わせながら
普段とは違った音色の中で人々はそれぞれの思いに耽っていた。
時は流れ現代では様々な交通手段があり、移動時間も短い。
その上携帯電話の普及と共に個人個人が独立闊歩できる世界がやってきている。
そんな中、昔の夜行列車の様に限られた空間の高速長距離バスにのり
一人思った事から体験したことを書いてみる。


人気blogランキングに投票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/07

白い月

いつも側に寄り添うように
どこに居ても
何をしていても
いつも見守って居てくれる月

そんな月がいつもより
違って見えたとしても
それは見ている私の見方が
違うのだろうか


::白い月::Canon EOS20D::
人気blogランキングに投票

あけまして

おめでとう

ございます

最近デジ一眼レフEOS20Dで撮っているのですが想像していたよりずっと快適です。
実は20Dは借り物でNikonF4+フルセットと交換させてもらっています。
これでマクロと14mm程度の広角をサポートできるレンズがあれば・・・と思うのですが
中々手が出そうにありません。
なんて思いながらデジ一眼なんてと遠のいていたNikonのホームページに行けば・・・
いまではNikonのデジタル一眼レフカメラでもAi-sなどのMFレンズで露出連動
サポートしてるんですね・・・。D200とかD300とか・・・・
D700は等々D一桁並の焦点距離1倍ですか・・・随分と私も遠のいていたものと実感です。
と言いながらFE2を眺めて「お前もデジカメになってみないかい」とささやいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »