« 自分の朝を見ると | トップページ | 開けた気持ち »

2005/05/21

のこされた鉢

無人駅の側の一軒のつぶれた商店がありました
ご主人は毎朝きっとこの鉢たちにお水をあげてたのでしょうね
駅を訪れる人たちと毎日のおなじみの挨拶を交わし
まばらに改札の無いホームに入っていく
そして電車の出発する音と共に
すべての音が消える
音が消えご主人の居なくなった風景を
この鉢たちは見続けてるんだろうな
のこされた鉢
:: のこされた鉢 :: Ricoh caplio GX :: W83.8T35
写欲ないっとき:BlogRankingに投票

|

« 自分の朝を見ると | トップページ | 開けた気持ち »

feeling at one time いつかの気持ち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61989/4221833

この記事へのトラックバック一覧です: のこされた鉢:

« 自分の朝を見ると | トップページ | 開けた気持ち »