« 春待機中 | トップページ | 僕のペン「紙2001」 »

2005/01/18

硝子のコラージュ

光って本当に不思議です
折れたり反発したり
なのに曲がらない
いやいや曲がれないのですね

硝子のコラージュ

|

« 春待機中 | トップページ | 僕のペン「紙2001」 »

feeling at one time いつかの気持ち」カテゴリの記事

コメント

縁側の雨戸の節穴から光が差し込み障子のスクリーンに外の景色が投射される。子供のころ体験した光のファンタジーです。両眼で見ているから立体視のはずなのだが記憶になく残念。

投稿: mozq | 2005/01/19 18:50

こんばんはmozqさん。日本の住宅と季節は本当に美しい風景を創り出してくれるときがありますね。雨戸の節穴は家の機能でも何でもないのに新しい世界を見せてくれます。建築設計をしている僕にとってはとても大切に感じる要素でもあります。
ただ機能を利便を追ってしまうとギスギスとした変化のない家が出来てしまいます。・・・あれテーマずれてますね。ごめんなさい。
ただ、風景って計算で出せないから美しく感じ心に残るのでしょうね。

投稿: ろくろー | 2005/01/20 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61989/2609779

この記事へのトラックバック一覧です: 硝子のコラージュ:

« 春待機中 | トップページ | 僕のペン「紙2001」 »